最強の友情!!傑作映画「最強のふたり」のあらすじ&感想

      2017/05/10

こんにちは。マーフィー(@oa95RePNhwaup1S)と言います(・ω・)ノ

今回紹介するのは2011年に公開された映画「最強のふたり」です。

フランスでの歴代観客動員数で3位(フランス映画のみの歴代観客動員数では2位)となる大ヒット作で、
日本で公開されたフランス語映画の中で歴代1位のヒットとなりました。

 

 

題名の通り最強の映画

原題は【Intouchables】(単語の意味は「禁忌」)。
けれど邦題は「最強のふたり」。
これがまた素晴らしい日本語訳でした。

観終わった後に、タイトルが改めて心に響きます



 

映画『最強のふたり』とは?

あらすじ

パリに住む富豪のフィリップは、頸髄損傷で首から下の感覚が無く、体を動かすこともできない。

フィリップと秘書のマガリーは、住み込みの新しい介護人を雇うため、候補者の面接をパリの邸宅でおこなっていた。
スラム出身の黒人ドリスは、職探しの面接を紹介され、フィリップの邸宅へやって来る。

ドリスは職に就く気はなく、給付期間が終了間際となった失業保険を引き続き貰えるようにするため、紹介された面接を受け、不合格になったことを証明する書類にサインが欲しいだけだった。

気難しいところのあるフィリップは、他の候補者を気に入らず、介護や看護の資格も経験もないドリスを、周囲の反対を押し切って雇うことにする。
フィリップは、自分のことを病人としてではなく、一人の人間として扱ってくれるドリスと次第に親しくなっていく…

「最強のふたり」のテーマは友情です。

 

この映画の主軸はまさにこれでしょう。

フィリップとドリスという正反対のふたりのやりとりが観ていて微笑みます。

私たちも「こんな友情いいなぁ」と思えてきます。

 

 

 

  • 実話を元に作られたノン・フィクション

この映画は、実在の人物である フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴ(Philippe Pozzo di Borgo)とその介護人アブデル・ヤスミン・セロー(Abdel Yasmin Sellou)をモデルにしていて、
作中ではほんの1年程度の出来事のような印象だが、実際には10年間にわたって面倒を見ていた。

その様子が本やテレビで取り上げられたのを見て、映画化されたのが本作「最強のふたり」である。

 

 

 

「最強のふたり」で使われていた音楽もまた印象に残る素晴らしい曲です。

 


『最強のふたり』の3つの魅力

 

1、ドリスのキャラが良い

 

支離滅裂で我が道を行くドリス。
一見自分勝手でわがままに見えますが、道理が通っており仲間思いな性格をしている。
そんな明るくて物事をハッキリ言うドリスの姿に、最初は戸惑っていたフィリップや周りの人々も徐々に惹かれていきます。

私もドリスのキャラが大好きで、「こんな友達がいたら毎日が楽しそうだなぁ」と思いました。

ドリスのキャラクターがあったからこそ、この映画は障害者の介護という重い題材でも笑ってみれる楽しい感動娯楽作品に仕上がったと言っても過言ではないです。

 

 


2、お互いがないものを持っていて、それを互いに支え合うところ

 

フィリップとドリスは性格や趣味、考え方や能力、これまでの生き方を含めてすべてが正反対です。

  • それなのに何故彼らはお互いに惹かれ合ったのか?

 

 

 

それは、ふたりの根っこの心の部分が同じだからです。

 

↓ここから下はネタバレ含みます。

 

 

 

 

 

 

 

互いに家族に対することで、過去に傷を負っていること

フィリップは事故により愛する妻を失い、自身は頚髄損傷となり首から下が動かせなくなった…

ドリスは、実は子供の頃に両親から捨てられて、両親の兄妹である叔母の家庭環境で育って来た…

 

ふたりとも心に傷を負っており、感情がある人間だからこそ惹かれ合った。

 

ドリスがフィリップに心を開き、自分の過去を語るシーンは劇中で私が最も好きなシーンです。

 

 

3、泣かせようという演出はないのに心に響くものがある

 

私は、泣く=良い映画とは思っていません。

魂が揺さぶられる、心に残るものがあるのが本当の意味で良い映画 だと思っています。

 

この映画は実話がベースなだけ有り、泣かせようとするドラマチックな展開や奇跡もどんでん返しも特にありません。

感情を後押しする様な演出や大袈裟な音楽、オーバーな演技や後から追加されるような設定もないです。

全編をコメディタッチで描きながらふたりの日常を淡々と描くだけです。

それなのに最後、爽やかな感動と心に残る素敵な余韻を与えてくれる。

 

そんな「最強のふたり」のような映画が名作だと私は思います。

 

 

 

最強になりたい方は是非!!

 

極上の笑いの中にある静かな感動

人間にとって大事なもの「純粋な心」を教えてくれる素晴らしい映画。

観終わると誰もがフィリップとドリスのような友情を結びたくなるでしょう。

是非オススメします!

 

 




 - 人生, 映画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。