幸せになれる!超おすすめの名作アニメ映画42選を紹介

      2017/10/07

 

 

 こんにちは。マーフィー(@oa95RePNhwaup1S)と言います(・ω・)ノ

 

今回は見たら幸せな気持ちになれる名作アニメ映画42選

を制作された年順毎にまとめてみました。

他にもおすすめがあるよー!って人がいたら是非教えてください✨

 

ジャンルは子ども向け、青春、恋愛、大人向け、ロボット、ジブリ、ディズニーと色々ありますが、

アニメ映画好きで、面白い作品を探している方は是非参考にしてください!

(AKIRA・攻殻機動隊などは、見ると幸せな気持ちとは違うと思ったので、今回は外させていただきました。)

 

  【2017年10月5日 タイトル・商品位置修正】

 

 



 

目次

1979年 ルパン三世 カリオストロの城

 

あらすじ

世界的な怪盗ルパン三世の一味は、ウェディングドレス姿の少女が何者かに追われているのに出くわす。少女はこの国の亡き大公の娘クラリスだった。ルパンは追っ手を撃退したが、クラリスは別の追っ手に連れ去られてしまう。

ルパンはクラリスが残した指輪を見て、彼女が昔、偽札の秘密を狙って公国に忍び込むも見つかって命の危機に陥った自分を助けてくれた幼女であることに気付く。

ルパンは、伯爵の狙いが先祖の財宝でありその鍵である指輪の持ち主であるクラリスをさらおうとしていたことを知り、クラリスを救い出すことを決意する…

神作

宮崎駿初監督にして、ルパン映画シリーズ最高傑作との呼び声も高い本作。

宮崎監督らしい豪快なアクションが満載で、ハラハラドキドキの展開の連続です。

 

ルパンとクラリスの切ない恋の物語も見逃せません。

私も本作の大ファンで、ルパンのカッコよさとクラリスの華憐さには惚れ惚れしました✨

 

※とっつぁんの名言はあまりにも有名

皆さんはどんな台詞だったか分かりますか?
 

1984年 風の谷のナウシカ

 

 あらすじ

千年前の「火の七日間」と呼ばれる最終戦争により、巨大産業文明は崩壊し、「腐海(ふかい)」と呼ばれる菌類の森に世界は覆われていた。

生き残った人類は、腐海が放つ猛毒と、そこに棲む巨大な虫たちに脅かされていたが、辺境にある「風の谷」は、酸の海から吹く風によって森の毒から守られ、のどかな農耕生活を送っていた。族長の娘であるナウシカは、住民から深く敬愛されており、人が恐れる腐海の虫とも心を通わせる少女だった。
ある夜、大国トルメキアの輸送機が風の谷に墜落する。輸送機には、千年前に世界を焼き尽くしたという巨大人型兵器の「巨神兵(きょしんへい)」の胚が積まれていた。その翌日、この輸送機を探しに来たトルメキア軍が谷を占領する。

司令官である皇女クシャナは、巨神兵で腐海を焼き払うことを目論んでいた。クシャナは、本国へ運ぶつもりだった巨神兵の輸送を諦め、未完成の巨神兵を風の谷で完成させることにする。

ナウシカはトルメキアの捕虜となってしまう…

宮崎駿の名を世に知らしめた名作映画

その圧倒的迫力と世界観は物語に一気に引き込まれます。

ジブリを語る上では語ることが出来ない作品でしょう。

 

ナウシカはジブリ史上で一番魅力的なヒロインだと思う。

(宮崎駿監督の好みそのまんまだし)

 

 

  • 小ネタ

・実はナウシカはジブリ作品ではなく、トップ・クラフトという会社で作られた映画で、本作のヒットを元にスタジオ・ジブリを立ち上げた。

・映画版は漫画版の2巻の途中までしか描かれていない。(漫画は最後のシーンから、戦争は終わらずに大戦が始まっていく)

・巨神兵をデザインしたのは、後に「新世紀エヴァンゲリオン」を作成する庵野秀明監督である。

 

※こちらにも庵野秀明監督の詳細が載っています。

日本のゴジラが帰って来た!映画「シン・ゴジラ」をおすすめする3つの理由

 

※原作のナウシカも映画では描かれなかったところを描いてるので、気になる方は是非おすすめします。

1986年 天空の城ラピュタ

 

 あらすじ

少女シータは、政府の特務機関に捕らえられ飛行船に乗せられていた。彼らの狙いはシータが亡き母から受け継いだ、謎の青い石だった。

そこへその石を同じく狙う海賊ドーラ一家の襲撃があり、逃げようとしたシータは誤って飛行船から落ちる。シータは石が放つ不思議な光に包まれて気を失いながらゆっくりと落ちて行き、鉱山で働く少年パズーに助けられる。
パズーはシータが追われていることを知り、彼女を守って共に逃げる。ドーラ一家に追われた二人は谷に落ちるが、石の力によって再び救われる。

石に詳しい老人ポムによればそれは昔ラピュタで作られた飛行石だという。ラピュタは空に浮かぶという伝説の城だが、パズーの亡き父はラピュタを見ており、ラピュタへ行くのはパズーの夢だった。

不思議なことにシータの家には”ラピュタ”という秘密の名前も受け継がれていた…

ジブリ初作品にして最高傑作

私は宮崎駿監督作品ではラピュタが一番好きですね。

ワクワク感や何かが始まりそうな雰囲気はトップだと思うんですよ。

ストーリー展開と登場人物の濃さもシリーズ屈指だと思います。

 

飛行石を持って空飛ぶ冒険がしたくなるような映画

 

ムスカほどネタ性も高くて汎用性があって、愛されてるキャラは中々いないと思う。

「見ろ!人がごみのようだ(゚Д゚;)!!!」

 

1986年 ドラえもん のび太と鉄人兵団

 

あらすじ

のび太は偶然北極で巨大なロボットの部品を拾い、鏡面世界で組み立ててザンダクロスと名づけた。

だがザンダクロスに恐るべき兵器が組み込まれていたことが判明し、持ち主のリルルはロボット惑星メカトピアから派遣された少女型スパイロボットであり、メカトピアの地球侵略作戦のための前線基地を建設し始めた。

その内、メカトピアから鉄人兵団が地球へ送り込まれてくることを知り、のび太たちは鏡面世界を舞台に鉄人兵団を迎え撃つことになる…

ドラえもん映画の傑作の一つ

人間とロボットの戦い、ロボットが人間の心を理解する。
(ターミネーター好きの私としてはたまらない内容です。)

 

劇中でしずかちゃんが言った
「時々、理屈に合わないことをするのが人間なのよ。」劇場ドラえもんシリーズ屈指の名言。

 

大人でも子どもでも楽しめる名作中の名作です。

 

1988年 となりのトトロ

 

 あらすじ

小学生のサツキと幼いメイは、父と一緒に田植え頃の農村へ引っ越してくる。引越し先の空き家には、小さな子どもにしか見えない黒いオバケが沢山住んでいた。

サツキが小学校に通う日がやってくると、1人で遊んでいたメイは庭で不思議な生き物を見つける。

その生き物を追いかけて森に入ると、そこにはずっと大きな生き物が寝転んでいる。その生き物はトトロと言う名前だった…

おそらくジブリで最も有名なキャラクター。
(私は小トトロがかわいくて好きでした笑)

夏休みになって、田舎のおばあちゃん家に行くと見たくなる映画。

 

家族で観る映画としてもオススメで、是非お子さんと一緒にご覧ください。
さらに、夏に見ると面白さが倍増します。

 

 ※トトロのお腹に乗って寝てみたいと思うのは、誰もが一度は通る道。

 

1989年 魔女の宅急便

 

あらすじ

13で旅立ちをするという魔女の掟があり、魔女であるキキは旅立つ事になった。

そして満月の夜旅立っていった。 最初は余裕でいたキキだったが街の人の態度にびっくりする。

果たしてキキはこの街でうまくやれるのだろうか…

13歳の魔女の女の子の自立を描いた本作。

ジブリ特有の素敵な街並み、見ていると次第に引き込まれていきます。

小さい頃はキキ目線だったけど、大人になったらキキのお母さんの気持ちが分かるようになってきました。

 

新しい環境で一人暮らしを始める人などにオススメします!

 

※2人が同じ声優ってことに驚きました(゜_゜)⁉声優さんって凄いですね…
 

1990年 おもいでぽろぽろ

あらすじ

1982年の夏。27歳になるOL岡島タエ子は、勤務先で休暇を取得。姉、ナナ子の夫の親類の家に2度目の滞在をさせて貰う事になった。

タエ子は、山形へ向かう寝台特急あけぼの3号の車中で、田舎が無いことで寂しい思いをした小学5年生の自分を思い出す。

物語は27歳のタエ子と小学5年生のタエ子を交差しながら進んでいく…

高畑勲監督の作品は大人向けの映画が多いですよね。

私は本作を見たのが丁度子どもの時のタエ子と同じで小学5年生でしたが、不思議と懐かしい感覚になり心に響きました。(今見たら号泣しそうですw)

 

田舎暮らしに憧れている方や、子ども時代を思い返したい人は是非!

 

1995年 トイ・ストーリー

 あらすじ

アンディ少年は毎日のようにおもちゃと一緒に遊んでいた。特にウッディ彼の大のお気に入りだった。

実はおもちゃ達には、とても大きな秘密があった。彼らは実は生きていて、話したり自由に行動したりできるのだ。しかし、それを人間に知られてはいけないというのが「おもちゃのルール」なのだ。ウッディは、アンディ少年の一番のお気に入りのおもちゃで、おもちゃたちのリーダーでもあった。

そんな時にアンディ少年の誕生プレゼントに、最新の宇宙ヒーロー、バズ・ライトイヤーがやって来た。技術の粋を結集したようなバズに、アンディと他のおもちゃは案の定夢中になってしまい、ウッディの居場所はなくなっていってしまう…

小さい頃は毎日のように見てた映画で、ディズニー映画で一番好きなシリーズです。

ストーリー展開もとても面白くて、「もしおもちゃ達が動いていたら…」と思うとビックリしちゃいますね!

 

主演の2人唐沢寿明さんと所ジョージさんの声がピッタリで、私は本来字幕派なんですがこのシリーズだけは吹き替えで見てしまいますw

※ちなみに当初は山寺宏一さんと玄田哲章さんが声を務めるはずだったとか(゜_゜)!

 

1996年 耳をすませば

あらすじ

読書が大好きな中学3年生・月島雫は夏休みのある晩、自分が借りた本の貸出カードに”天沢聖司”という名前が載っているのに気づく。彼は雫が借りた本を全て先に借りていた。「どんな人だろう」、「素敵な人かしら」と、まだ見たこともない人物が気になっていく雫であった。

別の日の朝、雫は図書館に務める父親に弁当を届けるために出かけるが、電車の中で大きな猫に出会う。好奇心を抱いた雫は猫を必死に追い続け、丘の上のロータリーで偶然「地球屋」というお店を見つける。…

傑作青春映画

中学生の恋を描いた青春ロードムービーです。伝説のアニメーター近藤喜文監督の最初で最後の映画。

 

私も大好きな映画で、雫と同じ中学三年生の時によく見ていました。
(地球屋を探し回っていたのは良い思い出)

中学生の方は特に共感できる要素がたくさん詰まっているので是非オススメです!

 

1998年 ポケットモンスター ミュウツーの逆襲

あらすじ

幻のポケモン・ミュウの体の一部の化石を元に、ロケット団により戦闘能力などを強化され人工的に作られたポケモン・ミュウツーは、その不純な生立ちから自身の存在意義を見出せずに答えなき自問自答に苦しんでいた。

やがてミュウツーは自分を造ったロケット団を裏切ったことをきっかけに、ポケモンを統制するシステムへの反発や自分を利用するためだけに作り出した人間たちへの憎しみから人類に対する「逆襲」を企てる…

人気シリーズ【ポケットモンスター劇場版】原点にして頂点として言われている本作。

アメリカで一番興行収入を上げている日本映画でもあります。

 

小さい頃は見ていてよく理解出来なかったけど、大人になってから見直すとそのテーマの深さには圧巻させられました。

 

子ども向け映画ならず、「自分の存在意義」と言う難しい題材をテーマにしていて、大人が見ても楽しめるようになっているので是非オススメします。

 

1999年 トイ・ストーリー2

あらすじ

前作の冒険で、固い友情を誓ったウッディとバズ・ライトイヤーは、いつものようにアンディに楽しく遊んでもらっていた。今ではアンディ少年の利口な飼い犬バスターも、おもちゃたちの良い友達である。

ある日、ペンギン人形ウィージーがセール売りに出される事になり、ウッディはウィージーを救出しに行く。だが入れ違いにウッディはセール売り場に取り残されて、玩具量販店「トイ・バーン」経営者アルにウッディを強奪されてしまう。

このままではウッディが日本のおもちゃ博物館に売り飛ばされてしまう!バズたちアンディのおもちゃは、盗まれてしまったウッディを救出するべく行動を開始した…

トイ・ストーリーの続編。

続編はうまくいかない印象が多いが、トイ・ストーリーにそんな心配ご無用。

 

映像の面も1よりグレードアップしており、アクショーンシーンやオマージュ溢れる小ネタも面白い。

 

本作は前作より深みのあるテーマ「おもちゃの存在意義」をテーマとしていて、大人でも楽しめる映画となっています。

 

2000年 ドラえもん のび太の太陽王伝説

 あらすじ

タイムホールの故障の影響で、のび太の部屋のタイムホールが古代の太陽の国といわれるマヤナ国に繋がってしまう。

そこでのび太は、自分そっくりの姿をしたティオ王子に出会う。
現代文明のことを知ったティオは興味を示し、しばらくのび太と入れ替わってほしいと頼む。

こうして2人の入れ替わった生活が始まるのであった…

ドラえもん映画で一番好きです。主題歌も映画の雰囲気にマッチしてます。

 

この映画はのび太くんが最高にカッコいいです!

ティオに言った言葉「1+1が、1より小さいとは僕、思わない!!だって僕たち友だちでしょ?」は最高の名言

しずかちゃんがのび太くんを好きになるのも分かる気がします。

 

2001年 モンスターズインク

 

あらすじ

サリーとマイク・ワゾウスキは、大企業であるモンスターズ・インクで働いている。

業務内容は、子どもを怖がらせ、その悲鳴をエネルギーに変換、モンスターの世界へ供給するというもの。この世界では「人間の子供は危険」とされており、怖がらせるのが仕事であるモンスター達は、同時に子供達を恐れてもいる。サリーはこの会社で誰からも尊敬される「ナンバー・ワンの怖がらせ屋」である。

そんなある日、サリーは人間の女の子ブーがドアの向こうからこちらへ入って来る場に居合わせてしまう。サリーとマイクは、彼女をなんとか人間の世界に戻そうと奮闘する…

ピクサーは子ども向けアニメとして売りに出すが、大人が見ても楽しめるようになってるのが凄いところ。

 

サリーとブーの親子みたいな関係は見てて微笑ましいです。サリーとマイクの友情も本作の見どころの一つです。

続編のモンスターズ・ユニバーシティもオススメです。

 

 

2001年 千年女優

 

あらすじ

芸能界を引退して久しい伝説の大女優・藤原千代子は、それまで一切受けなかった取材に30年ぶりに応じた。

千代子のファンだった立花源也は、カメラマンの井田恭二と共にインタビュアーとして千代子の家を訪れるが、立花はインタビューの前に千代子に小さな箱を渡す。

その中に入っていたのは、古めかしい鍵だった。そして鍵を手に取った千代子は、鍵を見つめながら小声で呟いた。

「一番大切なものを開ける鍵…」

少しずつ自分の過去を語りだす千代子。しかし千代子の話が進むにつれて、彼女の半生の記憶と映画の世界が段々と混じりあっていく…

今敏監督の最高傑作

 

私も大好きな映画で、平沢進が歌う主題歌「ロタティオン」も世界観非常にマッチしています。

映像が鮮やかで見ていて引き込まれていきます。

 

物語としてもシンプルなものですが、「愛とは何か?」を考えさせられる深い内容です。

 

千代子さんが最後に放った言葉は、名言中の名言だと思います。

 

2001年 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!大人帝国の逆襲

 

あらすじ

しんのすけ一家は春日部に出来た「20世紀博」を訪れて、その博覧会は70年代の日本の懐かしいテレビ番組やアニメに浸れる、大人が楽しむ博覧会でした。夢中になる大人たちを見て、しんのすけたちは不満に思います。

しんのすけたちが家に帰ってくると、「20世紀博」のスタッフからお知らせを見てから、しんのすけの両親や春日部中の大人の様子に異変が起こる。

翌朝になると大人たちは「20世紀博」に行ってしまい、子ども達は置き去りにされてしまう…

クレヨンしんちゃん最高傑作

 

日本中のお父さんを号泣させた伝説の映画。

「昔はよかった…昔に戻りたい…」と嘆くよりも、今を生きることの大切さが本作のテーマ

 

大人帝国は家族がいることの幸せさ、未来への生きる希望を同時に私たちに教えてくれます。

※ひろしの回想は映画史に残る屈指の名シーン

このシーンに何度泣かされたことか( ノД`)シクシク…

 

2002年 猫の恩返し

 

あらすじ

ごく普通の女子高生・吉岡ハルは、学校の帰り道で猫がトラックに轢かれそうになるのを目撃、咄嗟にラクロスのスティックを使い助け出す。助けられた後、その猫は日本語で礼を述べ、二足歩行で歩き去る。実は、彼は猫の国の王子・ルーンだった。

翌日、その直後に猫王の家来ナトルがハルの元を訪れて「お礼としてルーンの妃となってもらい、今夜お迎えにあがります」と言い残し去ってしまう。。「猫のお嫁さんにされちゃう」とパニックになるハルにどこからともなく声が聞こえた。その声によると「猫の事務所を探して。十字街に居る白い大きな猫が教えてくれるから。」とのこと。

その後、ハルは十字街で白い大きな猫、ムタに出会い、「付いて来な」と言われたハルは付いて行くことに。着いたのは不思議な街で、そこにある小さな家の「猫の事務所」で猫の男爵バロンに出会う…

耳をすませばの月島雫が書いた小説という設定の映画。

 

ほのぼのした雰囲気を持って爽やかなストーリー展開。バロンがこれまたカッコいい。

 

ジブリは内容が凝いのが多いけど、さっぱりしたジブリ映画を見たい人におすすめ。

同時上映のギブリーズも楽観的で面白いです。

 

2002年 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ戦国大合戦

 

あらすじ

ある夜、野原一家は全員揃って時代劇に出てくる様な格好をした綺麗なお姉さんの夢を見る。

次の日、犬のシロが庭を掘り返していた穴から見つけた文箱の中には「おらてんしょうにねんにいる」と読める汚い字とぶりぶりざえもんの絵が描かれた手紙が入っていた。

埋めた覚えはないのにと訝しがるしんのすけだが、「おひめさまはちょーびじん」という一文を見て朝の夢を思い出し、お姉さんに思いを馳せながら目を閉じる。

目を開けた瞬間、しんのすけは夢で見た泉の畔に立っていた…

大人帝国と双璧で評価の高い傑作映画

 

「ローマの休日」「タイタニック」のように身分の違いを表したラブストーリー。

恋愛要素がメインだが、クレヨンしんちゃん本来のテーマ笑いと家族のテーマも盛り込まれていて、しんちゃんの成長も描かれている傑作中の傑作。

 

大人が見ても楽しめるヒューマンストーリーとなっています。

 

2003年 ファインディング・ニモ

あらすじ

クマノミのマーリンは妻のコーラルといっしょに卵の世話をしながら、2日後の子供たちの誕生を楽しみにしていた。

ところが突然オニカマスに襲われ、幸せな日常に終止符が打たれる。気を失っていて助かったマーリンが意識を取り戻すと、妻と卵たちは姿を消していたが、たったひとつだけ卵が残されていた。父マーリンは、唯一残った子に、妻の遺志を尊重するべくニモと名付け過保護に育てる。

ニモは片方のヒレが小さく、あれこれと心配し過ぎるマーリンにニモはうんざりしていた。はじめて学校に行った日、ニモは一人で船に近づき人間に捕らわれてしまう。ニモを取り戻すため、マーリンはナンヨウハギのドリーといっしょに旅を始める…

この映画は父と息子を別視点で交差しながら描かれていますが、

どちらにも共通しているテーマが仲間がいることの素晴らしさ決してあきらめない心強さです。

 

また家族愛を感じさせられる映画でもあります。

 

2003年 東京ゴッドファーザーズ

あらすじ

自称・元競輪選手のギンちゃん、元ドラァグ・クイーンのハナちゃん、家出少女のミユキ、三人は新宿の公園でホームレス生活を送っていた。

クリスマスの晩、ハナちゃんの提案でゴミ捨て場にクリスマス・プレゼントを探しに出かけた三人は、赤ちゃんを拾う。

赤ちゃんに「清子」と名付け、自分で育てると言い張るハナちゃんを説得し、三人は清子の実の親探しに出かけるが、行く先々で騒動が巻き起こる…

おそらく今敏監督で最も万人受けする本作。

 

独特の映像とコメディタッチの人情ストーリーは、見ていて観客をほっこりさせます。

キャラクター同士の独特の掛け合いが、これはまた面白い。

 

冬の季節(特にクリスマス)に見るとより一層楽しく見れます♪

2003年 名探偵コナン 迷宮の十字路

あらすじ

東京・大阪・京都で、5人の男が刀や弓矢で殺される事件が発生した。犯人は翁の能面をかぶっており、義経記を持ち去っていることが判明していた。警捜査の結果、殺された5人が古美術品を狙う窃盗団「源氏蛍」のメンバーであることが明らかになった。

同じ頃、小五郎は山能寺の僧侶から依頼を受け、コナンたちを連れて京都に来ていた。山能寺では8年前、12年に一度公開する秘仏が何者かに盗まれていた。そして最近、その仏像のありかを示すという謎の絵が、差出人不明で山能寺に届いたので、小五郎に解読を依頼したのだった…

新一や欄、平次と和葉のラブストーリーに重点を置いている本作は、女性人気が非常に高い映画です。

 

主題歌もどこか切なくなるような気持ちになって、映画にピッタリです。

この映画を見ると、ふと京都に行きたくなりますよね。

 

2004年 ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

あらすじ

ある日、のび太は川でおぼれていた子犬を助け、ママに見つからないようこっそりと飼いはじめる。のび太は子犬に「イチ」と名付け、良く懐き頭も良いイチとのび太の間にはたちまち友情が生まれていた。

のび太の町でも人間の都合により捨てられるペットの犬や猫は多く、のび太の元には町中の野良犬や野良猫も集まり、手に負えない状態となる。のび太たちはイチらの今後のことを考えて、自由に暮らせる3億年前の世界へタイムマシンで連れていき、生きていけるよう進化・退化光線銃で進化させて、「あした、必ず来るからね」とイチと約束し、一行は現代に帰る。

次の日、タイムマシンで3億年前に向かうが、時空間の中で「ねじれゾーン」に巻き込まれ3億年前からさらに1000年経った世界に着く。その時代にはイチらの子孫と思われる進化した犬とネコによる文明社会があった…

ドラえもん旧声優陣、最後の集大成の映画。

 

私も本作を最後にドラえもん映画を卒業したので思い入れの深い作品です。

のび太とイチの友情をテーマにしている本作は、涙を誘います。

 

2006年 時をかける少女

あらすじ

東京の下町にある倉野瀬高校2年生の紺野真琴は、医学部志望の津田功介、春に転校してきた間宮千昭という二人の同級生男子生徒と「遊び仲間」として親しい関係だった。

7月13日、真琴は偶然立ち入った密室の理科準備室で不審な人影を目撃する。その人物を追おうとしたとき、なぜか真琴は転倒して不思議な空間に入る体験・タイムリープをする…

これぞ青春映画

 

細田守の名を世に知らしめた淡い青春ストーリー。

タイムリープを題材とした映画で、真琴を中心とした恋愛要素はもちろん、タイムトラベルの伏線を謎解きしながら見ても楽しめます。

 

奥華子さんの曲も、より映画を際立てています。

「耳をすませば」と「時をかける少女」が私の中の青春映画の双璧ですね。

 

 キャッチコピーは「待ってられない 未来がある。」

2007年 河童のクゥと夏休み

あらすじ

東久留米市に住む普通の小学生・上原康一は下校途中、川の辺に埋もれていた大きな石を見つけた。

好奇心から割ってみたところ、中から化石のように干からびた生物が出てくる。それは、長い間地中で仮死状態になっていた河童の子供であった。

康一は河童を家に連れ帰り、「クゥ」と名付け共に生活を始める。当初は人間に対して警戒心を抱いていたクゥだったが、元来の好奇心と康一の厚意に徐々にほだされ、信頼を寄せるようになる…

河童と人間の共存を描いたテーマの映画。クゥがとても可愛らしい。

 

一見ほのぼのとした内容で、子どもとカッパの交流を描いた映画に見えますが、

実際の内容は心の描写や人間社会の闇に重点を置いていて、タイトルや表紙からは想像もできないものがあります。

 

本作を見終わると何かを考えさせられるものがあります。

 

2008年 ウォーリー

あらすじ

西暦2805年。ゴミの山と化した地球で、ただ一つ動くものの姿があった。彼がこの物語の主人公・ウォーリーである。

量産型のゴミ処理ロボットである彼は、人類が地球を去ってから700年間、何があっても、仲間たちが壊れて動かなくなっても、ただ黙々とゴミを圧縮し、積み上げ、塔を建て続けてきた。その過程で、彼は感情を持つというシステムエラーを起こしてしまう。

ある日、上空から巨大な宇宙船が着陸し、中から白く輝くロボット・イヴが現れ、周囲を探査し始める。いくつかの誤解や軋轢の後、やがて2人?は仲良くなるが、ある時、ウォーリーの宝物の一つを見たイヴは、突然驚いたようにそれを収容すると、そのまま動かなくなってしまう。

数日後、あの宇宙船が戻って来て、イヴを回収してしまう。ウォーリーはイヴを追いかけ、宇宙船にしがみつき、宇宙へと飛び出してしまう。そして、ウォーリーの壮大なる宇宙の冒険が始まったのであった…

ロボットが心を持つという話は、最早機械を題材にした映画ではよくある話ですが

今作は人ではなく、ロボット同士の交流に重点を置いています。

 

そして、映像の綺麗さはシャープな演出に、何よりストーリーやキャラクター描写に長けているという別の魅力もあります。

 

そして何よりも、ウォーリーとイヴの2人のやりとりは見ていて心が温まります。

イヴが典型的ツンデレでとても可愛らしいです(*´ω`*)

 

2009年 サマー・ウォーズ

あらすじ

世界中の人々が集うインターネット上の仮想世界OZ(オズ)により個人情報などは、世界一安全と言われるセキュリティによって守られていた。

ある日、佐久間と共にOZの保守点検のバイトをしていた高校2年生の健二は、憧れの先輩である夏希から、一緒に夏希の実家に行くという「バイト」に誘われる。実家には夏希の曽祖母である栄おばあちゃんの90歳の誕生日を祝うために、26人の親族が一堂に集まり、健二はひょんなことから栄のために「夏希の婚約者のふり」をすることになった。

そんな時、健二の携帯電話に数字の羅列が書かれた謎のメールが送られてくる。数学が得意な健二は、それを何かの問題だと思って回答してしまう。しかし、それはOZの管理権限を奪取できる暗号であった。翌日、OZは謎の人工知能・ラブマシーンに乗っ取られてしまう。

その影響はOZと密接に連携していた現実世界の各種インフラにまで及び、社会全体に大きな混乱を引き起こしてしまう…

夏になったら見たくなる映画といったらこれ!

 

主題歌も夏に合ってて良い曲です。

世界最大のインターネット環境と、高度なネットワーク技術を持つ主人公の対決は熱い展開です。

 

家族を取り扱ったテーマを入れているところが、本作の高評価である理由でしょう。

夏の田舎の風景はやはり良いと思える映画。

 

2009年 マイマイ新子と千年の魔法

あらすじ

昭和30年の山口県防府市。平安の時代、この地は「周防の国」と呼ばれ、国衙遺跡や当時の地名をいまでもとどめている。広がる麦畑の下には千年前の街がある。

そんな街に、おでこにマイマイ(つむじ、旋毛)を持つ、毎日を明るく楽しく過ごす、活発で空想好きな少女・新子は暮らす。新子は大好きなおじいちゃんの語る千年前の町の、ひとりの少女を目の前にいるかのようにいきいきと想いを馳せてその暮らしを辿ってみるのだった。

ある日、彼女の通う学校に、都会から引っ越してきた引っ込み思案な少女、貴伊子が転校してきた。なかなかなじめない貴伊子に好奇心旺盛な新子は話しかけ、互いの家を行き来するうちに、いつしかふたりは仲良くなっていく。そして、彼女を学校の仲間に迎え入れるべく力を貸してゆく…

 美しい風景、出演者の上手さ、テンポがよくて心地よい展開、可愛らしい音楽はまるでジブリの世界観に入り込んだような感覚でした。

 

主人公・新子のキャラも良くて、こんな友達がいたら楽しく遊べそうで羨ましいです♪

 

登場人物一人一人のキャラクターも立ってて、心理描写に長けていて感情移入がしやすいと思いました。

夏休みに見るにピッタリな映画。

 

2010年 カラフル

あらすじ

「ぼく」は一度死んだはずだが、天使に「抽選にあたりました!」と言われ、生まれ変わり「小林真」という中学生としてもう一度人生をやり直すチャンスを与えられる。

そして、小林真として生活が始まるのだが、さまざまな困難が立ちはだかった…

本作の見どころは、まさに「ぼく」が自分を取り戻していく過程でしょう。

 

思い悩んでいる人や、自分の殻にこもっている人にこそ見て欲しい。

見終わった後、きっと生きるヒントが見つかりますよ。

 

最後の家族会議でのシーンは思わず涙を誘いました(´;ω;`)ウッ…

 

2010年 イヴの時間

あらすじ

「未来、たぶん日本。“ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」

子どものころからアンドロイドを人間視することなく、便利な道具として利用してきた高校生のリクオは、ある日、自家用アンドロイド、サミィの行動ログに不審な文字列が刻まれていることに気づく。

親友のマサキと共にログを頼りに喫茶店、イヴの時間を訪れたリクオは、人間とアンドロイドを区別しない店のルールに驚く…

 「未来、たぶん日本。“ロボット”が実用化されて久しく、“人間型ロボット”(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。」

 

ネット配信された「イヴの時間」に、新しいシーン追加されて作られた劇場公開版。

何回も言うようですけど、私は人間とロボットの交流物語には効果抜群なんです(´;ω;`)ウゥゥ

 

アンドロイドではなく、人間の心情の変化に重点を置いている珍しい作品。

 

2010年 トイ・ストーリー3

あらすじ

第1作目から10年後。アンディは17歳になっていて、おもちゃと遊ぶことからは卒業している。そして、もうすぐ大学に進学しようとしている。アンディは大学の寮へ引っ越すことに際して、長年のお気に入りだったウッディだけをそこに持っていき、バズ・ライトイヤーやジェシーをはじめとする他のおもちゃたちは全て屋根裏部屋にしまうことを決めた。

ところが、屋根裏部屋行きのおもちゃたちがディビス夫人の手違いでゴミに出されるという事件が起こる。危ういところで難を逃れたおもちゃたちは、地元の託児所へ寄付されるおもちゃたちの段ボールに入り込み、託児所「サニーサイド保育園」に到着する。

彼らはそこのおもちゃたちに歓待を受け、優しい性格のクマのぬいぐるみロッツォから、ここがいかに素晴らしい場所かを聞かされ、ウッディは皆をアンディの元へ変えることを説得するが、皆は留まることを決意する…

トイ・ストーリーシリーズの集大成にして最高傑作。

 

1、2も素晴らしい映画でしたが、3を見るとこの映画のために作られたかのように思えてきます。

人間とおもちゃの友情ここにて完結あり。

 

※こちらにも「トイ・ストーリー3」の記事が載っています。

出会いの季節「春にピッタリ!」のおすすめ映画10選

 

2010年 涼宮ハルヒの消失

あらすじ

北高1年生のキョンは、同級生である涼宮ハルヒが率いるSOS団なるグループに無理やり引きずり込まされ、ハルヒに振り回される生活を送っていた。クリスマスシーズンを迎え、ハルヒは団でパーティーを開催すると盛り上がっていた。

しかし12月18日、何らかの理由で世界が改変されてしまった状況をキョンは動揺を隠しきれずにいた…

絶大な人気を飛ばした「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズの最も人気エピソードの映画化作品。

 

人気なだけあって、確かにシリーズで1番面白く162分と言う長さを全く感じさせません。

新世紀エヴァンゲリオンと同じく、内に籠っている人が外へ道を切り開くように作られた作品だと思います。

 

唯一の難点として言えば、アニメシリーズを見ないと楽しめない内容となっているので

もし興味がある方は、最初にアニメ版を見られることをおすすめします。

 

 

2012年 ももへの手紙

あらすじ (Wikipediaより)

父を事故で亡くしたももは母親のいく子と共に、いく子が嘗て住んでいた瀬戸内の港町『汐島』に移り住む。

ももは生前の父と喧嘩して仲直りができないまま死に別れた。彼女に父が残したものは、「ももへ」とだけ書かれた、書きかけの手紙だった。

最後に心ない言葉をぶつけてしまった事を悔やむももは、父が急死した現実を受け入れられず、島の生活にも慣れず、周りの人ともなかなか打ち解けられずにいた。

そんなももの元に、イワ・カワ・マメという3匹の妖怪が現れ、半ば強引に家に居着いてしまう。

食欲旺盛でなぜか家から出て行かない彼らに困惑するももだが、彼らには「見守り組」という大切な使命があった……

いま、いちばん大切にしたい、家族の物語。

 

少女と妖怪のふれあいを描きながら、成長していく少女の映画です。

笑って楽しめながら見れて、ちゃんと泣ける感動要素もある良作。

背景もとても綺麗で、本当に夏の世界にいるような感覚でした。

 

タイトルの通り、「ももへの手紙」に繋がるところもお見事です。

 

2012年 おおかみこどもの雨と雪

あらすじ

物語は、娘の雪が、母である花の半生を語る形で綴られる。

女子大生の花は、教室で「おおかみおとこ」と出会い恋に落ちる。彼は自分がニホンオオカミの末裔、「おおかみおとこ」であることを告白するが、花はそれを受け入れ2人の子供を産む。産まれた娘の「雪」と息子の「雨」はおおかみに変身できる「おおかみこども」であった。

しかし雨の出産直後、「おおかみおとこ」は亡くなってしまう。花は独力で「おおかみこども」の育児に挑むが、都会では迷惑がかかり過ぎるため、都会での育児を断念して人里はなれた古民家に移住する。

当初、蛇や猪をも恐れず活発でおおかみに近い性格の雪に対し、弟の雨は内気で逃避的であり、人間に近かったが、川で溺れてから雨は変わり始める。

雪が小学校にあがって友達が出来ると、自分が野獣的なことを意識して葛藤を感じ、人間の女の子として振る舞おうとするようになる。一方で雨は小学校に馴染めず、学校を抜け出したり休みがちになり、山に魅かれるようになっていく…

細田守監督作品で一番好きな映画。

子ども目線、親目線どちらの楽しみ方も出来るのが本作の魅力。

雨と雪と花、それぞれのドラマがあるから面白いんですよね。

 

家族でも楽しく見れるオススメの映画です。

 

※こちらにも「おおかみこどもの雨と雪」の記事が載っています。

出会いの季節「春にピッタリ!」のおすすめ映画10選

 

2013年 あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない 劇場版

 

あらすじ

宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道の6人は、小学校時代、「超平和バスターズ」という名のグループを結成して秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。

しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、超平和バスターズは決別、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、中学校卒業後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。

それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた仁太達は再び集まり始め、それぞれ抱えていた思いをぶつけあいながら絆を少しずつ修復していく…

大ヒットを飛ばしたアニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」の総集編と、本編から1年後を描いた劇場公開作品。

 

アニメ版の回想と劇場版オリジナル要素を上手く交差しながら描けていると思います。

(ストーリー展開分かっているのに号泣しました( ノД`)シクシク…)

 

劇場版だけでも十分楽しめますが、アニメ版を鑑賞してからだとより一層面白く見れるのでアニメシリーズもオススメします。

 

 

2013年 言の葉の庭

あらすじ

靴職人を目指す高校生のタカオは、雨の日の1限は授業をサボって、庭園で靴のデザインを考えていた。ある日、タカオはそこで昼間からビールを飲んでいる女性、ユキノに出会う。どこかで会ったかとタカオが尋ねると、ユキノは否定し、万葉集の短歌 「雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ」 を言い残して去っていった。

こうして、雨の日の午前だけの2人の交流がはじまる。タカオは靴職人になる夢を語り、味覚障害を患うユキノは、タカオの作る弁当の料理に味を感じられるようになる。ある日、ユキノはタカオに「靴作りの本」をプレゼントし、タカオは今作っている靴をユキノのために作ることにする…

 ユキノとタカオの切ない孤恋の物語を描いた愛の物語です。

 

新海誠監督の映像美がこれでもないかと言うくらい出ている美しい映画。

これがアニメとは最初は信じられませんでした。

 

特に水の描写がとても綺麗でほれぼれします。

見終わると、雨の日が好きになるはずです。

 

2014年 アナと雪の女王

あらすじ

触れたものを凍らせたり、雪や氷を作る魔法の力を持って生まれたアレンデール王国の王女・エルサは、8歳のときのある夜、誤って妹のアナに魔法を当てて意識不明の状態にさせてしまう。2人の両親である王と妃がトロールたちに救いを乞い、アナは一命を取り留めたが、代わりにエルサの魔法のことや事故のことは忘れてしまう。

日増しに魔法の力が強くなっていくエルサは、力を世に知られぬよう城中の窓や門を閉めて部屋に閉じこもり、誰とも触れ合わず自分を抑えて生きるようになる。一方アナは、仲良しだったはずの姉が突然自分を避けるようになったわけもわからぬまま、閉ざされた城の中で寂しく成長する。そして10年後、2人は両親を海難事故で亡くし、お互いだけが唯一の肉親となっていた…

世界的大ヒットを飛ばしたディズニー映画。

ミュージカルを入れながらストーリーが進む展開にはワクワクします。

 

最後はまさかの展開でちょっと驚きましたΣ(・ω・ノ)ノ!

松たか子の歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」も話題に大変なりましたよね。

2014年 クレヨンしんちゃん ガチンコ 逆襲のロボとーちゃん

あらすじ

ギックリ腰で腰を痛めたひろしは突如現れた謎の美女に連れられ、マッサージも兼ねてエステの「無料体験」を受けることに。

エステを終えて家に着いたひろしだったが、そこで自分の体がロボットになっていることに気づき、ビックリ! ロボットになった自分を前に警戒心むき出しのみさえに対し大喜びのしんのすけ。

そんな中ひろしは、自分の体がロボットになった原因があのエステサロンであったことに気づく。それは、邪険に扱われる日本の弱い父親達の復権を企てる『父ゆれ同盟』の恐るべき陰謀だった。

崩壊寸前のカスカベを前にロボットになったひろし=ロボとーちゃんが、しんのすけと共に立ち上がる…

大人帝国、戦国大合戦以来の傑作と言われいてる映画。

 

ストーリー展開はシンプルかと思っていたら、中盤からはまさかの展開ですΣ(・ω・ノ)ノ!

ロボとーちゃんの生き様には涙を流さずにはいられません( ノД`)シクシク…

 

野原ひろしは最高の父親ってことが改めて分かりました。

 

2015年 心が叫びたがってるんだ

あらすじ

少女・成瀬順は、幼い頃に憧れていた山の上のお城から、父親と浮気相手の女性が車で出てくるところを目撃し、その話として母親に話したことにより両親の離婚を招いてしまう。

家を去る父親から「全部お前のせいじゃないか」と言われ、夕景の坂道で順はうずくまって泣く。そこに玉子の妖精が現われ、「おしゃべりが招く苦難を避けるため」という理由で、順の「おしゃべり」を「封印」した。

時は流れ、高校2年生になった順は、「話すと腹痛が起きる」という理由で他者とはメモか携帯のメールでしか意思疎通ができない。けれどある日、歌うと腹痛が起きないことに気づいてく…

「あの花」のスタッフが再集結して作られた本作。

高校生の青春ストーリーを描いた映画。

 

私は主人公が自分の殻を突き破って成長する場面が、今作の最も重要な見どころだと思っています。

 

終盤の圧倒的な盛り上げ方の展開は、相変わらず流石としか言えません。

2016年 君の名は

あらすじ

東京の四ツ谷に暮らす男子高校生・立花瀧は、ある朝、目を覚ますと岐阜県飛騨地方の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉になっており、逆に三葉は瀧になっていた。2人とも「奇妙な夢」だと思いながら、知らない誰かの一日を過ごす。

翌朝、無事に元の身体に戻った2人は入れ替わったことをほとんど忘れていたが、周囲の人達の反応や、その後も週に2~3回の頻度でたびたび「入れ替わり」が起きたことによって、ただの夢ではなく実在の誰かと入れ替わっていることに気づく。2人はスマートフォンのメモを通してやりとりをし、入れ替わっている間のルールを決め、元の身体に戻った後に困らないよう日記を残すことにした。

性別も暮らす環境もまったく異なる瀧と三葉の入れ替わりには困難もあったが、お互い束の間の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく。しかし、その入れ替わりは突然途絶え、スマートフォンのメモなどの入れ替わりの証拠も、全て消えてしまっていた。瀧は風景のスケッチだけを頼りに飛騨に向かうことを決意する…

2016年歴史的ヒットを飛ばした、新海誠監督作品。

 

過去の新海作品の集大成とも言えて、気合の入り具合が伝わって来ました。

新海誠ファンにも嬉しい小ネタがあるのも、嬉しいところです。

 

圧倒的映像美と音楽の集結はお見事でした✨

面白い映画を見たい!と言う方には是非オススメします。

 

 

2016年 聲の形

 

あらすじ

将也のクラスに転校してきた硝子は聴覚障害者であり、自己紹介でノートの筆談を通じてみんなと仲良くなることを希望する。しかし、クラスメイトたちは硝子をいじめの標的とするようになる。

度重なる硝子の補聴器紛失事件を機に、彼女の母親の通報によって校長同伴による学級会が行われるが、、彼らは皆自己保身のためだけに暗黙の団結を結んで、全ての罪を将也一人になすり付けようとしたのだ。これが、あまりにも信じられない光景に愕然とする将也が、硝子に代わる新たないじめの標的となる日々の始まりだった。

それから5年後。高校3年生となった将也は、それ以来人間不信と自己嫌悪からずっと孤立し続けていた。

そんな時に将也は硝子と再開を果たし、心からの謝罪をすることを決意する…

聴覚障害と言う難しいテーマを取り入れた本作。

原作者が「人と人が互いに気持ちを伝えることの難しさ」を読者に問いかけた作品。

人間関係の難しさと素晴らしさ、2つを同時に私たちに教えてくれます。

 

こちらには漫画版「聲の形」の概要が載っています。

感動!心が温まるおすすめの漫画7選を紹介します!

 

2016年 この世界の片隅に

 

あらすじ

昭和19年2月、18歳のすずは広島から軍港のある呉の北條家に嫁ぐ。

戦時下、物資が徐々に不足する不自由さの中、すずは持ち前の性格で明るく幸せな日常を送っていた。

しかし、戦争は悪化していくばかりで大切な日々が奪われていく…

2016年日本アカデミー賞・アニメーション部門を受賞した本作。

私もこの映画は、大変心に響きました。

戦争中でも懸命に生きている人々の姿を描かれていて、毎日を生きることの素晴らしさを教えてくれました。

 

間違いなく100年先も語り継がれる名作なので、心に残る映画が見たいという方は是非オススメします。

 

※詳しい内容を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

100年に1本の名作!「この世界の片隅に」の魅力を語る

 

 

まとめ

 

いがかでしたか?

見たことあるアニメ映画もあるって方もいると思いますが

面白いアニメ映画が見た言いって方は是非参考にしてください♪

 

以上、見たら幸せな気持ちになれる名作アニメ映画42選でした。

 

 ここまで読んでくださった方は本当にありがとうございました。

 - アニメ, 映画, 癒し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。