これだけは知って欲しい!深い人間関係を作るためには「本心で語り合うこと」が絶対必要だと断言する

      2017/05/12

 

あなたは心の底から仲がいいと思える友達はいますか?

 

友達って生きる上で必要不可欠だと思うんですよね。

例えば、あなたの思い出の中で

 

楽しかった時や嬉しかった時は、

必ず人とのふれあいがありませんでしたか?

 

私は友達と一緒に過ごす時間は時間が経つのを忘れるくらい楽しくてたまりませんでした。

誰かと一緒に時間を過ごせるということはかけ外のない宝物なのです。

 

中には、一人でいるほうが楽しいという人もいると思います。

私も一人の時間が大好きなので気持ちが分かりますが

ずっと一人で過ごすのは限界があることもまた事実です。

 

なので、今回は「深い関係の人間関係を作るために絶対必要な3つのこと」

を紹介したいと思います。

 


相手に興味を持つ

 

自分に興味を持って話しかけてくれるって嬉しいですよね?

 

例えば、学校で一人絵を描いていたところに

「○○さん、すっごい絵上手だねー!もっと見せてよ♪」

と言われて、自分に興味を持ってくれたら嬉しくなります。

 

そして同時に自分も相手に興味が湧くようになり、

会話を重ねて次第に仲良くなった経験がある人はたくさんいるでしょう。

 

 

人気がある人というのは、自分から相手に話しかけているのです。

だから、気になる人と仲良くなりたいと思えば

自分から積極的に話しかけることが大事になってくるわけです。

 

 

しかし、ここで問題となってくるのが

無理に話しかけたたところで人間関係は絶対に続かないことでしょう。

仮に仲良くなれても疎遠になれば、徐々に関係は薄れていって、さようならとなるのがオチです。

 

その為に、相手と仲良くなるために必要となってくるのが以下の項目です。

 

共通点を見つける

 

それが共通点です。

人って自分と同じ共通点がある人に親近感が湧くんですよ。

初対面だと特に自分と相手に、共通点があるかどうかが大事になってくるわけです。

 

例えば

  • 年齢が同じ
  • 学校や仕事が同じ
  • 趣味が同じ

など、共通点があれば一気に話しやすくなりませんか?

私は、共通の話題があると「この人とは話しやすくて楽しーなー(*´▽`*)♪」と嬉しくなります。

つまり、共通点は多ければ多いほどより話題が増えて親しくなりやすくなってきます。

 

「でも、どうやって共通点を見つけたらいいんだろう?」って悩む人がいますよね。

 私は共通点を見つける為には、

自分の情報を相手に伝える力と相手の情報を聞き出す質問力が必要だと思いました。

 

その2つの方法が、自己開示と質問です。

 

例えばこんな会話があるとしましょう。

 

A「私映画が大好きなんですよ。」

B「そうなんですか!私も映画は大好きです♪」

A「えー!Bさんもですかー!ちなみにどんな映画が好きなんですか?」

B「ターミネーターです♪」

A「それ私も大好きな映画です!」

B「Aさんもですか!この気持ちが分かるなんて嬉しいです✨」

 

という風に、2人とも自己開示と質問を重ねながら情報交換をして親交を深めていますよね。

つまり共通点があることは、深い人間関係を作るチャンスなのです。

 

 

しかし、再び問題となってくるのがあり

いくら共通点があっても、いつかは話のネタが尽きてしまうこともあるでしょう。

その結果、会話が続かなくなり関係が薄れていってしまう可能性もあります。

 

そこで、深い人間関係を作るために最も必要なことが最後の項目に繋がります。

 

本心で語り合う

 

ここで、この記事のテーマである「本心で語り合うこと」が重要になってくるわけです。

 

人は感情の生き物です。

どんなに相手に興味を持ったり、共通点が多くても、感情が籠ってないと相手には何も伝わりません。

だからこそ、自分から相手に自分の本心をさらけ出すことが大事になってくるわけです。

 

例えば、ⅭさんがⅮさんに相談事をする場面があったとします。

 

Ⅽ「俺さ、誰にも言えない悩みがあってさ…Ⅾだけに話したいんだけど聞いてくれる?」

Ⅾ「え?いいけど、話って何さ」

Ⅽ「実は俺友達が少ないんだ…友達と言える存在もⅮくらいしかいないし…」

Ⅾ「そんなことで悩んでたのか。安心しろ、俺も同じだよ。俺の友達はⅭだけさ。」

Ⅽ「本当!?なら…これからも友達でいてくれるか?」

Ⅾ「ああ、もちろん!」

Ⅽ「Ⅾありがとう!俺たち、ずっと親友でいような!!」

 

という風な流れがあると、2人の心の距離が一気に近くなったと思いませんか?

 

Ⅽさんが悩んでいたことを打ち解けて、

Ⅾさんは自分に悩みごとを相談してくれてよりⅭさんのことがより好きになります。

 

そんなⅮさんはⅭさんを励まして、ⅭさんはⅮさんがいてくれて本当に嬉しく、

今まで以上の関係を望み自分から心の距離を縮めました。

 

そんな2人の友情は永遠のものとなっていくでしょう…

(あれ?そんな映画がどこかにあったような気が…気のせいかな?)

最強の友情!!傑作映画「最強のふたり」のあらすじ&感想

 

つまり相手と深い人間関係を築くには、

心の底から思っている気持ちを互いに共感し合うことが1番大切になってくるのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

以上、深い人間関係を作るために必要な

1、相手に興味を持つ

2、共通点を見つける

3、本心で語り合う

の3つステップでした。

 

私自身も人間関係には、今まで悩み続けていて、

色々とコミュニケーションの取り方を模索して辿り着いたのがこの3つの方法でした。

 

私もこれらの方法を積み重ねることで徐々に信頼関係を築けるようになり、

今では自分の心の居場所と言えるものが出来ました。

 

もし私の経験が、皆さんの人間関係の悩みごとのお役に立てれば幸いです。

ここまで読んでくださった方は本当にありがとうございました。

 



 - エッセイ, コミュニケーション, 悩み解決

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。