感動で涙が止まらない!超おすすめの漫画10選を一挙紹介します

   

 

漫画って最高ですよね✨

様々なジャンルがあって、楽しみ方が無限大にあり、最高の娯楽の一つだと思います。

私にとって漫画は人生そのもので、漫画を見て育ってきて、最早漫画は体の一部と言っても過言ではないです(笑)

 

特に私は「感動出来る漫画」が大好きで、登場人物の成長や心情の変化が表現されているのが大好きです✨

 

今回は皆さんに本当に感動出来る良い漫画を読んでもらいたいと思います!

漫画大好きの私が選んだ、心に残るおすすめの漫画10選を紹介します!

 

【2017年5月16日 海街diary、ピンポン、ブラックジャック追加、文字修正】

 



 

聲の形

障害といじめという難しいテーマを取り入れた傑作漫画

聴覚障害を持つ少女を、ただ自分が楽しいからという理由だけでいじめていた少年。

やがて今度は少年自身がいじめられるようになり、そこで少年は初めて痛みを知ることになる…

 

これはまた凄い漫画が誕生したな(; ・`д・´)!

人間関係の美しさと難しさを同時に描いている本作。

 

何とも作者自体が「人と人が互いに気持ちを伝えることの難しさ」を読者さんに聞いてみたい気持ちで作られたんだと。

作者さんの気持ちは受け取りました

 

この漫画の何が凄いって、ただの青春漫画ではなくて、

青春とは何も綺麗で楽しいことばかりではなく、裏では苦悩の繰り返しやそれを乗り越えようとする登場人物の姿を描いているからだ

 

 

現役学生や学生生活を終えた人でも、共感できる要素がたくさんあって考えさせられます。

 

アニメーション映画化もされていて、

そちらも漫画とはまた違った内容の名作なので、漫画版に魅了された人はそちらの鑑賞もおすすめします。

 

ピアノの森

音楽漫画の最高傑作

 

街はずれにある「ピアノの森」で育った少年が、周囲の人々との人間ドラマを交わえながらピアニストとしての才能を開花していくストーリー

 

登場人物や背景も静かで優しい絵柄。

森の中でピアノを弾いてるシーンは、まるで本当に生きて動いてるようかに見えて、この世界観を出せる描写の凄さには感心しました。

 

登場人物も、複雑な家庭環境で育って自由気ままに生きてきた少年と、英才教育を受けてピアニストとなるために生きてきたという対照的な2人に重点を置いているのも面白い。

 

この漫画は少年期と青年期を別々に描かれていますが、
それぞれ別の内容のようになっているのも、まるで一つで二つ楽しめてお得な気分になってきます。

 

Dr.コトー診療所

ドラマ化もした人気医療漫画。

 物語の内容は、外科医の五島健助、通称Dr.コトーが古志木島へとやって来て人々と医療を交えながらのふれあいを描いてく…

コトー先生が島の人々のために奮闘している姿は涙を誘います。

 

この漫画のテーマは、島の力です。

 

島の持つ自然の力と、そこに住む人の人間的素晴らしさがあります。

私も小さい頃はこの漫画をよく読んでて、何回この島に住んでみたいと思ったことやら…(;´Д`)

 

基本的に2~3数話使って話が進みますが、読みやすくてまとまっているのもgood!

あと、星野さんがかわいくて好きでした(*´ω`*)

 

現在は休載中ということで悲しいですが、続きが読みたくてたまらない待ち遠しい作品です。

 

プラネテス

 宇宙開発の進んだ未来では人類誰もが気軽に宇宙に行けるようになっていたが、
「デブリ問題」が発生していた。

デブリを宇宙で回収する仕事を請け負うのが「デブリ回収業者」。

 

そんな彼らの人間ドラマを描いた漫画です。

 

一言で言うと、大変素晴らしい作品でした。

 

この漫画は以前紹介した映画「ガタカ」のように設定はSFだが、

諦めたらそこで試合終了!努力と才能、SF名作映画「ガタカ」

中身は、宇宙船に乗った人々の生き様を描いたヒューマンドラマです。

 

前半と後半で系統が少し変わってきますが、青年の成長物語を見たい人には1~2巻だけでもオススメします。

 

銀の匙

キャッチコピーは「汗と涙と家畜の酪農青春グラフィティ!!」

原作者は「鋼の錬金術師」で有名な荒川弘さん

 

物語は都会での競争社会に嫌気が差した主人公が、大自然に囲まれた農業高校に入学したところから始まる。

 

これがまた非常に良く出来て面白い。

荒川拡らしくユーモア効いた要素からシリアスな展開まで幅広い描写

 

そして本作の最大の見どころは、

最初は戸惑っていた主人公が、徐々にたくましくなっていく成長していく姿

 

 

鋼の錬金術師が好きな人は、本作も絶対好きになると思うので、自信を持ってオススメします!

 

ヒカルの碁

~神の一手を極めるために~

 

囲碁ブームを作り上げた伝説の漫画。私も「ヒカルの碁」に影響されて囲碁を始めた一人です(笑)

物語は、ごく普通の小学生の少年が天才囲碁棋士の霊に取り憑かれたことで囲碁の世界に巻き込まれ、囲碁を通して様々な人と出会い成長していく人間ドラマです。

 

ジャンプの漫画で一番好き(≧▽≦)

ヒカルがどんどん成長していく姿には、胸が熱くなっていきます。

(個人的にヒカルの碁は、15巻からが物語の本番スタートだと思う。)

 

囲碁を知らない人でも楽しめるようになっているのが本作の魅力の一つ

小畑健の絵はこの頃が一番上手かったと思う(-ω-).。o○

 

11分の1

自分の才能に限界を感じて 一度はサッカーを諦めながら、ある出来事をきっかけに心の奥底に眠っていた熱を取り戻しました。

再びサッカーを始め進学校でプロを目指していき、その後プロとなる主人公を中心に、周辺人物の人間模様を描く物語。

 

本作はサッカーが題材ですが、

先ほど紹介した「プラネテス」と同じように物語の主軸は、人間ドラマです。

 

 

~ここからは余談になります~

実は昔、私は気胸という病気を患っていた時期がありました。

手術を受けて、毎日治療を受けていて、苦しい思いをしていた…

 

そんな時偶然病室に置いてあった漫画が「11分の1」

見てみると、魂を揺さぶれて、凄く心が温まりました。

その時の私の心を支えてくれた思い入れのある作品です。

 

絵も綺麗で一話完結なので、読みやすく何より心に残る作品なので、感動する漫画を見たい時には是非おすすめします!

笑顔がとっても素敵な漫画♪

 

海街diary

 
鎌倉を舞台にした三姉妹の「絆」を描いた切なく、優しい物語。

 

鎌倉に住む看護師の幸、信用金庫に勤めるOLの佳乃、スポーツ用品店の店員である千佳の3姉妹の元に、

離婚して家を出て行った父の訃報が届き、腹違いの妹である中学1年生の少女・すずを引き取って、

一緒に鎌倉で生活していくことから始まります。

 

 一人一人のキャラクター像を丁寧に描かれており、心理描写にも定評があって、

4人の生活には度々問題が起こりますが、それでも協力し合って生きていくのが見どころです。

 

読み終わった後に「家族の大切さ」「懐かしさ」を思い出される名作漫画です。

 

海街diaryを読んでいると、まるで本当に鎌倉にいるような感覚になり、

「この街に住んでみたい!」と思えてきます。

 

ピンポン

5人の卓球選手の生き様を描いた青春スポーツ漫画。

漫画、アニメ、映画と全てが面白い貴重な作品です。

 

これがまた半端なく完成度が高くて、一気に物語に引き込まれます。

独特な世界観を持っており、まるで映画のように流れるように見れるのも本作の魅力。

 

そして見どころは何と言っても、強さに目覚めていくスマイル(月本)

現実の壁にぶち当たるペコ(星野)の対比を描写しながら物語を進めていくところですね。

 

また、エリート落ちをしたチャイナ(孔)、凡人だけど努力を怠らないアクマ(佐久間)

「トップに立つこと」とはどういうことかを教えてくれるドラゴン(風間)の描写も見応えがあります。

 

ずっと、ヒーロー(ペコ)の帰りを待っていたスマイルの心理描写は、凄く感情移入出来ます。

 

そんな、スマイルの心理を読み取り、徐々に覚醒していくペコの姿は見ていて惚れ惚れします!

 

 

特に、現在部活に熱中している中高生には是非読んで欲しい作品です!

 

ブラック・ジャック

漫画の神様・手塚治虫の名作漫画

40年前とは思えないほど完成度が高い作品。

 

私も手塚治虫作品では「ブラック・ジャック」が一番好きで、

行きつけの図書館で全巻制覇したのは良い思い出。

 

 一話一話がとても深く考えさせられる内容ばかりで、

密度の濃い人間ドラマで構成されていて、一話読み終わるごとに余韻に浸ります。

 

~「ブラック・ジャック」の名言~

「ブラック・ジャック」は一話ごとに名言があるので、

心に残る深い漫画を読みたいという方には是非オススメします!

 

まとめ

 

 以上、心に残るおすすめの漫画10選でした。

今回は「感動漫画」「成長漫画」を中心に紹介させて頂きました。

 

私は映画だけでなく、漫画を含めてすべての作品ヒューマンドラマが一番好きです。

何故なら心に残るものがあり、見終わった後世界がまるで別物に見えるからです。

 

興味があられる方は、自信を持ってオススメします!

 

 ここまで読んでくださった方は本当にありがとうございました。


 - 人生, 漫画, 癒し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。