大爆笑!笑いが止まらないギャグ・コメディ漫画16選を紹介!

   

 

私は漫画が大好きです。

そんで結構ジャンル問わず色んな作品を読むんですよね~(´▽`)♪

 

その中で、今回は紹介するのはギャク・コメディ漫画!

何故かと言うと

 

笑うって大切なことだと思うから((´∀`*))ヶラヶラ

 

よく笑顔が素敵な人って良い!ってことを聞きません?

また、笑っている時って悩みも吹っ飛んで、幸せな気持ちになれるじゃないですか(*`艸´)ウシシシ

 

笑っていると幸せになれる、笑っている人を見ても幸せになれる

こんなに素敵なことはありませんよね♪

 

 

というわけで今回は、笑いが止まらないおすすめのギャグ・コメディ漫画16選を紹介したいと思います。

 

【2017年5月15日 タイトル変更、文字修正】

 



みなみけ

 「この物語は南家3姉妹の平凡な日常を淡々と描くものです。過度な期待はしないでください。あと、部屋は明るくして、TVから3メートルは離れて見やがってください。」

 南家の3姉妹、長女・ハルカ、次女・カナ、三女・チアキの家や学校での日々の出来事を中心に描いたショート作品である。

一話完結でユーモアありの日常系を見たい人にはピッタリの作品。

ゆったりと見たくて、クスッとした笑いが欲しい人にオススメ。

 

「カレーのうた」自体は結構好き

※保坂は本当にきもちわるry…キモカッコイイと思います!

 

WORKING!!

 北海道にあるファミリーレストラン「ワグナリア」。そこで働く種島ぽぷらに誘われて小鳥遊宗太はワグナリアでアルバイトをすることになった。仕事をしない店長白藤杏子、男嫌いの伊波まひる、家出中の山田葵、普通を追い求める松本麻耶、人のことなら何でも知っている相馬博臣、帯刀している轟八千代、そしてヤンキー外見でヘタレな佐藤潤など個性的な同僚たちに囲まれて今日もワグナリアは営業する。(Wikipediaより)

 

ファミレス「ワグナリア」を舞台に、そこに勤務する登場人物たちの日常を描いた4コマ漫画。

個性豊かな登場人物のドダバタコメディ劇は、飽きずに見ることが出来ます。

個人的にまひるが可愛いらしくて好きでした。

 

こんなバイト先だったら楽しそうだなー

※かたなしくんって、実はただのロリコンなんじゃ…

 

男子高校生の日常

 「○×県立真田北高校」(男子校)に通う男子高校生たちの、日常の中の笑いを描くギャグ漫画。「くだらないけれどコミカル」「バカなドタバタ」と評されるような種類の笑いを描いており、読者が自らの高校時代の日常を懐かしく振り返ったり共感したりできるような作風となっている。(Wikipediaより)

世界一バカで元気が有り余っている人たち、それが男子高校生

タイトルにある通り、男子高校生の日常を描いた作品。

近年、日常系の漫画・アニメの人気は凄まじいものだった。

だがそれは悪魔で女子高生もの、しかしこれは男子高校生

 

それがハチャメチャで面白い。シュールでクスッと来るものから、腹を抱えて笑ってしまうものまで盛りだくさん。

男子高校生諸君らは、必ず共感できる要素が沢山あると思います。

 

ジャングルはいつもハレのちグゥ

 ジャングルに住む主人公の少年「ハレ」が、正体不明の少女「グゥ」や友人・家族たちの奇行に振り回されるギャグ漫画。全体的に明るいノリだが、登場キャラクターたちにはシビアな過去を持つ者が多く、ストーリー自体はシリアスな展開のものも多い。(Wikipediaより)

ハレとグゥの辛みがこれまた面白い笑

くだらないギャグを連発する漫画かと思いきや、序盤から伏線が貼られててシリアスなヒューマンストーリーを取り入れているのがまた別の味があっていい。

 

登場人物のキャラクタイーも濃くて魅了的(つーか、ハレより脇役の方がキャラ濃いくらい)

 

気軽に見れて笑いも感動両方あって、2つの要素を1つの漫画で楽しめるお得な作品

続編の「ハレグゥ」もおすすめです

 

魔方陣グルグル

 

あらすじ(Wikipediaより)

 ジェムジャム大陸にある小さな村、ジミナ村。ある日、この村に「勇者募集!!魔王を倒した者に金5万R(リン)を与え、コーダイ国の王子とする」と書かれた立て札が立つ。勇者マニアのバドがこれを見つけ、息子ニケを勇者として無理やり旅立たせる。
このジミナ村では旅立つときに魔法オババのもとに寄らなければいけないという決まりがある。その決まりに則り、ニケはオババの家に寄ることになった。そこでミグミグ族という種族だけが使える「グルグル」という魔法を使う魔法使い、ククリと出会い、一緒に旅立つように命ぜられる。そして国王に勇者として認められたニケは、世界征服をねらう魔王ギリ打倒の旅にククリと共に出る。

一見冒険物語に見えますが、安心してくださいギャグ漫画ですよ…!

ただのギャグ漫画として見ても面白いが、独特の世界観やストーリー漫画としても楽しめるのが本作の魅力に一つ。

正統派ギャグ漫画が見たい人にはおすすめです。

 

2017年に原作の連載25周年を記念して3回目のテレビアニメ化が決定しました。

私も小学生の頃よく見て、笑ったいたのを覚えています。

 

だがしかし

 実家の駄菓子屋を継ぎたくない主人公に対し、駄菓子マニアの社長令嬢が駄菓子の魅力や豆知識をハイテンション気味に解説しつつ、主人公に駄菓子屋を継がせようと画策する姿が描かれている。(Wikipediaより)

基本的に一話完結なので気軽に見やすい作品。

今はあまり見なくなった駄菓子をテーマにしてるのも、懐かしくしくなるようで面白いポイント。

グルメ漫画は食べ物をいかに美味しそうに書けるかが一番重要なポイントだが、それも良く出来ていると思いました。

一話読むごとに止まらなくなって、気づいたら1巻読み終わってるような漫画。

 

シュール系ギャグ漫画が好きな人は、絶対ハマるはずです。

 

ほたるさんがかわいすぎると思ってるのは私だけでないはず

 

しろくまカフェ

 カフェを営むしろくまと常連客のパンダや動物達、それを取り巻く人々が繰り広げるほのぼの系ギャグ漫画。(Wikipediaより)

ほのぼのしてゆる~い雰囲気には癒されます。

ハマる人はとことんハマって癖になるでしょう。

動物たちの魅力がとてもよく出ていて、しょうもない親父ギャグでも人間ならドン引きされるけど、しろくまとパンダなら許される。

 

全国の親父「不公平だ…」

 

笑顔になって癒されたい人には、ピッタリの作品。

 

あたしンち

 物語は、無口でマイペースな父、よくも悪くも大雑把で節約志向の母、地味でオクテであり少しドジな高校生のみかん、シャイで恋などには疎いが、ナイーブで理論派、堅実な性格の中学生の弟ユズヒコで構成された「タチバナ家」を中心に展開されている。

他にも個性的なたくさんのキャラクターたちが活き活きと描かれている。話は連載開始直後はみかんと母をメインとした家族中心であったが、家族それぞれの人間関係が織りなすエピソードも描かれるようになっていった。(Wikipediaより)

もともとは読売新聞に連載されていて、人気が出て書籍化・アニメ化・映画化までされた。

私も漫画・アニメともに好きで、よく見ていました。

あるある話を盛り込んだ、ほのぼの日常系漫画。

読んでみたら、「あ~、あるあるw」共感できると思います。

 

お母さんのインパクトが強すぎるが、実はたちばな家全員が結構変だと思う(笑)

 

似た者親子ですね(笑)

 

聖☆おにいさん

 ブッダとイエスが、下界のバカンスを満喫しようと、日本の東京都立川の安アパート(風呂なし・ペット禁止)の一室で「聖」(せい)という名字で暮らすという設定で描かれる日常コメディ。(Wikipediaより)

出オチ

もう設定を見た時点ですでに面白いです。神様を弄んでいるかのような内容、いや絶対してますねこれは(; ・`д・´)笑

ブッタとイエスの辛みがたまらなく笑える。本物の神様もこんなんだったら親近感湧いて楽しそう。

日常を描いているはずなのに、何故か非日常に見える不思議な作品。

その独特な世界観に凝すぎる2人の神様を堪能したい方は是非オススメ。

 

ここはメチャクチャ笑ったwww

 

坂本ですが?

 

 県立学文高校の1年2組、そこには入学早々学校中の注目を集める男がいた。彼の名は坂本。注目を集める要因は彼のその行動の美しさにあった。挙動は全てがスタイリッシュ&クーレストであり、何より彼の行動1つ1つには人を惹きつける「何か」があった。そんな完全無欠の学園生活を送る坂本を中心とする人情ギャグ漫画である。(Wikipediaより)

「キング・オブ・シュール」

そんな言葉が最もふさわしい漫画。坂本君イケメンすぎる。

スタイリッシュでカッコいい姿は見てて惚れ惚れします。

坂本君なら何かやってくれるであろう感が半端ない。

全4巻と短い時間でコンパクトに読めるのもいい。

 

最早意味不明すぎて神々しい

 

中間管理職トネガワ

「カイジ」シリーズに登場した利根川幸雄を主人公にしたスピンオフ作品。

時間軸としてはカイジ本編より前であり、大勢の黒服たちを束ねる帝愛グループ幹部でありながら、暴君・兵藤会長のご機嫌を最も身近で気にしなくてはならない、いわば中間管理職である利根川の苦悩と葛藤がコミカルに描かれている。(Wikipediaより)

 まさかの「このマンガがすごい!2017」オトコ編1位を受賞した本作。

これがもう笑えてめちゃくちゃ面白いwww

本編では冷静沈着だった利根川が、会長と部下の間に挟まれて中間管理をしている姿は、微笑ましくなります。

人ってギャップに弱いって本当なんですね(笑)

 「賭博黙示録カイジ」を読んだ後だと、より楽しめるようになっています。

一巻最後の「パワポ……!」のシーンがツボにはまりました笑

※詳しい内容はこちらをご覧ください。

2017年このマンガがすごい1位!「中間管理録トネガワ」の面白さとは?

 

デトロイト・メタル・シティ

 デスメタル界の帝王と称されるインディーズ・メタルバンド「デトロイト・メタル・シティ」のボーカル・ギターの“ヨハネ・クラウザーII世”。しかし、その実態はおしゃれなポップ・ミュージックを愛する平凡で弱気な音楽青年・根岸崇一であった。この両者の間のギャップと根岸の苦悩がもたらす笑いを主軸とするギャグ漫画である。

 「このマンガがすごい!2007」オトコ編1位を受賞した本作。

松山ケンイチ主演で実写化もされたから、名前だけなら聞いたことあるって人もいると思います。

だが、内容はむしろ知らない方がいいかもしれない…

 

「凡人が裏では超人に変化する。」という内容は、もう使い古されたネタだけど

今作は、デスメタルバンドのボーカルを務めて超シュールな笑いを入れた音楽コメディ漫画というとんでもない内容である。

先ほど、中間管理職トネガワの項目で人はギャップに弱いって言いましたけど、本作はギャップありすぎですよwwwww

 

 ~before~

 

 ~after~

 

監獄学園

 東京都郊外にあり、共学化したばかりの元女子高・私立八光学園に入学したものの、女子風呂を覗いた罪で裏生徒会により懲罰棟(通称・プリズン)に投獄された男子生徒5人の学園生活を描く、ハイスクールコメディ作品。脱獄や性的描写、策略などを取り入れたシチュエーション・コメディが特徴である。

「変態を超えた変態」

脱出監獄ものだが、脱獄の話は初期に集中されていて、あとは学園者?として掲載されている。

 

内容は、ものすごく見る人を選ぶ漫画。

これでもかというくらいお下劣な描写があるので、そこを乗り越えられるかどうかが本作を見る上での第一ステージだと思う。

でも、そこを潜り抜けた人は劇ハマリすること間違いなしです!

ただ女性にはお勧めできないので、男性の方はくれぐれも注意した方がいいと思います。

 

真剣な表情で堂々とこんなことを言うだけで、本作の狂気具合が伝わってくる。

 

銀魂

 SF時代劇の体裁をとった人情コメディストーリー漫画。宇宙の知的生物天人(あまんと)諸族によって開国を強要され、銀河文明が導入された江戸のかぶき町を主たる舞台とする物語である。(Wikipediaより)

言わずと知れたジャンプを代表する漫画の一つ

SFコメディ物で、パロディや下ネタも多く、時には著作権侵害ともいえるくらいギリギリの内容もするくらいぶっ飛んだ漫画。

宇宙人や新選組だったり、脇役のキャラが滅茶苦茶濃いのが本作の魅力の一つ。

しかも、ただのギャクやコメディの漫画ではなく、熱いバトルからシリアスな展開まで持っていくのがファンの心を掴んでいる点であろう。

 

アニメの出来も非常に高く、杉田智和さんは銀さんを演じるために生まれてきたのではなかろうか?というくらい合ってる。

 

銀魂は、こういった一話完結ものが好きです(笑)

 

ギャグマンガ日和

 一話完結型のギャグ漫画。語ることは特にありません。

シュール系ギャグ漫画の代表のひとつ。

歴史上の人物から一般の人まで幅広い登場人物が出てきます。

油断していてツボに入ると、一気に持っていかれますので、くれぐれも電車内での読むのはご注意を。

 

アニメ版の方も1話5分というショートアニメなので、笑いたいと思った時に気軽に見れるのでおすすめです。

 

麻雀の話は、酷すぎて爆笑したw

 

ピューと吹く!ジャガー

新聞で言う四コマ漫画みたいな位置づけだった本作。

一言で言うと、わけが分からない漫画。

なのにどこか不思議な魅力がある。

 

基本的に一話完結物で、性豊かなキャラクターとシュールなギャグ展開の噛み合い具合が絶妙で、一度ハマったら抜け出せなくなる魔力を込めている漫画。

(私もその網に引っ掛かりましたw)

私のドストライクゾーンにマッチしていて、一番好きなギャグ漫画です。

 

頑張れピヨ彦…!!

 

同作者原作の「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」もおすすめです。

 

まとめ

 

以上、コメディ・ギャグ漫画16選でした。

こうしてみると、コメディ・ギャグ漫画も結構奥が深いですね。

 

本音言うと、ギャグ漫画自体は思い切り腹を抱えて笑えるという漫画は少なく、どちらかと言えばシュールな笑いでニヤついてしまうのが多いけど、それもまたギャグ漫画の魅力だと思います(〃艸〃)ムフッ

 

いつもアクションやシリアスなものばかり見ていたり、偶には違った作品を読みたいという人

今夜は、普段の悩みなんか吹っ飛ばしてくれるコメディ・ギャグ漫画なんていかがでしょう?

 

 ここまで読んでくださった方は本当にありがとうございました。




 - 漫画, 癒し, 面白ネタ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。