【ニコニコ動画】超面白いおすすめのゲーム実況者を30人紹介!!

      2017/05/29

 

今や日本国民の必需品とまでなっている「ニコニコ動画」

世界的規模の有名なサイト「Youtube」

 

そんな超人気の2つのサイトでトップクラスの人気を誇るジャンル

 

それがゲーム実況です

 

今や職業として定着しているくらい、実況ブームが世間を賑やかにしています。

私もニコニコ動画はよく見てきて、数々の実況者に楽しませてもらいました(*´▽`*)♪

 

しかし実況者の数がとんでもなく多いので、

「どの実況を見ればいいんだろう?」と悩んでいる方もいるでしょう。

 

そこで今回は、

超面白いおすすめの実況者を30人をランキング形式で紹介していきたいと思います。

(今回はニコニコ動画から選びました)



注意事項

  • 私が面白いと思った極めて個人的なランキングです。その点はご了承ください。
  • ランキングは随時更新していく予定です。

 


第30位 鈴木けんぞう

「ポケットモンスター ルビー」を最初の草むらでレベル100にする

というタイトルの時点で出オチ企画

狂気の沙汰としか思えない企画を実行した愛すべき馬鹿

初投稿でミリオンを達成した期待の新人実況者(レベリンガー)

現在part7まで投稿されており、今後の活躍にも期待1人。

 

 「最初の草むらだけでレベル100にする」
つまり二匹目、三匹目と続く仲間達も、捕まえた時点で最初の町へ帰り草むらでレベルを100にするため、最早ドⅯとしか思えない。

さらに、自身のTwitterアンケートで
選択肢としては「進化する・しない」から「にがす」まであり、最悪の場合数百時間かけて最初の草むらで育てたレベル100のポケモンでも容赦なく逃がしています。

 

【代表作】

 

 

第29位 @むつー

~フリー民の世界へようこそ~

 

 ポケモン・アクション・ホラー・fps・シミュレーション・レース等といった幅広いジャンルを投稿するゲーム実況者です。

 

ポケモンBW2最強実況者決定戦の@ワキ戦で、

実況スタイル、リスペクト編集、ハラハラドキドキする神内容で、爆発的な人気を出しました。

 

大会動画になるといつも以上に奇声を発して実況スタイルが乱れていくが、どういうわけか頭は冴えて思いもがけない活躍を発揮する天性のパワーに定評があります。

 

俺たちのむつーを返せよ!!」

 

【代表作】

 

 

第28位 ひぽー

とても可愛らしい声をしている女性実況者。

おばあちゃんと兄と3人でコラボした「75歳の祖母に、マリオワールドをやってもらった」という動画で一気に人気が出ました。

 

タイトルのインパクトも凄いが、それ以上に凄いのが一発芸で終わらずに現在も続いているところだろう。(もうおばあちゃんの年齢75歳じゃないんじゃry)

最初は四苦八苦していたおばあちゃんの成長具合は、見ているこっちも嬉しくなってきます。

 

近年では実況動画での活動が評価されて、元々アニメ越え気質だったこともあり

なんと声優デビューという快挙を果たしました!

「JKめし」で初出演して、2016年4月からクロコダイルに所属して晴れてプロ声優になりました。

 

【代表作】

 

 

第27位 加藤純一(うんこちゃん)

うんこちゃんという名で活動していた加藤純一

実況スタイルはとにかく騒がしくて、何をするにもぶっ飛んでいます。

6画面同時にポケモンをプレイする、通称6ポケで大ブレイクしました。

 

その後は引退したり、疾走したりを繰り返していましたが、2015年に本格的活動再開をする。

6ポケ時代より少し落ち着いていた印象だが、プレイスタイルは相変わらずハチャメチャですw

 

【代表作】

 

 

第26位 P-P

 足でスーパーマリオシリーズを攻略するという「足マリオシリーズ」の第一人者。

決して誰も真似を出来ない、唯一無二の個性を持つプレイヤー。

(というか無謀すぎて誰もやらないだけなんじゃry)

 

最初は当然上手く行かないのだが、だんだんと上達していき遂には足でハードなステージをクリアする姿は見ていて惚れ惚れするものがあります。

足マリオのイメージが強すぎて、最早手でゲームをプレイするのに違和感を感じるくらいw

 

現在は実況活動を引退してます。

 

【代表作】

 

 

第25位 ワキ@

主にポケモン対戦実況をアップしていた実況者。

編集力に定評があって、その圧倒的な編集力はプロも顔負けなほどの実力です。

 

特に「ほこ×たて」をパロった「ポケ×ポケ」は

編集力、スタイリッシュな映像、独特なユーモアセンスが噛み合ってめちゃくちゃ面白い出来に仕上がっています。

私もこの動画が大好きで、何度見直したことやら…(〃艸〃)ムフッ

 

現在は実況活動を引退していて、絵本の制作をしています。

 

【代表作】

 

 

第24位 M.S.S Project

 FB777、KIKKUN-MK-Ⅱ、あろまほっと、eoheohの四人からなるユニット。

もともとは音楽活動のためにニコニコでの活動を始めました。

ゲーム・VOCALOID・演奏してみた・料理・自然・旅行楽曲制作・ライブイベントと、幅広い分野で活動しています。

 

4人共キャラが濃くて、めちゃくちゃな展開になることも多いが、それがまた面白い。

ファンを喜ばす動画配信を心掛けてあることもあって、非常に人気が高くなっています。

 

【代表作】

 

 

第23位 ガッチマン

 サクサク進む実況スタイルであり、解説実況プレイと呼ばれている実況者。

聞き取りやすく落ち着いた声でトークを展開しながら実況するので、

ホラー実況でも落ち着いた雰囲気で楽しむことが出来ます。

 

既婚者であり、なんとゲーム実況1本で家庭を支えている強者。

 

ゲーム実況者の仕事についての本も出されています。

 

いつの日か親子での実況が楽しみにされています。

(でも子どもはまだ小さいから、早くても10年後とかになるんじゃry)

 

【代表作】

 

 

第22位 はりーシ

 主にポケモン対戦実況が中心に投稿を行っています。

雑談力に定評があって、淡々とした口調でネタやギャグを挟みつつ

対戦は全く頭に入ってこずに終わるという独特のスタイルである。

 

だがはりーシをここまで有名にしたのは、ポケモン動画ではなく

【実況】いかにもサービスが終了しそうなオンラインゲームをプレイする

の存在が大きいだろう。

 

はりーシの魅力が詰まり切った、この超ハイクオリティ動画は新時代の実況者に思えました。

 

しかし、この動画投稿により荒らしを扇動してしまった責任を生じてはりーシは引退を決意する。

なお1年後にほとぼりが冷めたということで実況活動を再開した。

 

【代表作】

 

 

第21位 キリン

 ゆったりと心地よい落ち着いた喋りが特徴の「訛り実況」が有名な実況者。

派手さはないけれど、無駄なくサクサクと進み、見やすい編集もあって非常に安定しています。

 

ホラー実況がメインだが、先述の通りのため、苦手な人でも安心して見れるのがポイント。

作業用BGM的なノリでも観れる実況動画です。

 

【代表作】

 

 

第20位 ありぽん

 ハイテンションなマシンガントークが売りの実況者。

その圧倒的なトーク力とユーモア溢れるセンスは、見ている人を魅了します。

 

 自身が何周もクリアするほどやりこんだ任天堂(主にゼルダの伝説)のメジャーな懐ゲーを解説しつつ縛りプレイする。

 「やりこみ系」の動画を投稿する人が少なくなった中で投稿し続ける貴重な存在。

 

【代表作】

 

 

第19位 つわはす

実況廃人

実況の息抜きに実況をするほどの実況好きで、まさに実況にすべてを注ぎ込んできた実況者。

イラストからは想像もつかない、おっさんボイスであり、トーク力と突っ込み力に定評があります。

 

また実況好きでは、知らない人はいないほど大事件を起こした張本人でもある。

そして、その事件と同時につわはすは逃げるように引退した…

つわはす自身の実況自体は面白かっただけに、残念な出来事でした(´・ω・`)

 

【代表作】

 

 

第18位 猫マグロ

主にフリーのPⅭゲームや家庭ゲームを中心に投稿していた、ゆっくり実況者。

ネタ仕込みに定評があり、見ている人を笑わせてくれます。

 

投稿頻度が非常に早く、一時期はゆっくり実況にもかかわらず毎日投稿してた時もあるほどでした(゜-゜)⁉

本当にゲームが大好きなんだなぁと見ている人に伝わってくるのも好印象

 

【代表作】

 

 

第17位 もこう

ニコニコ動画の王

暴言を吐いたり、人を煽ったりする実況スタイルが特徴的な実況者

もこうほど好き嫌いが分かれる実況者もいないと思う。

ちなみに私は割と好きな方(偶に嫌になるけど)

 

「厨ポケ狩り講座」で圧倒的な人気が出るが、それに続く動画が出てこないで一時はオワコンとなっていた。

最近はYouTubeを拠点にしながら持ち直してきました。

 

 (⌒,_ゝ⌒)

↑ここまでイラつく顔文字を見たのはこれが初めてでしたry

 

【代表作】

 

 

第16位 栗御飯

基本的に緩い雰囲気で実況する実況者。

ゆったりした声質で実況する中、ネタ要素や的確なツッコミを入れるギャップがまた面白い。

 

実況のために苦手なホラー映画を自らするマゾヒストであり、主の悲鳴をおかずにご飯三杯は喰えるだろう。

プレイスタルは堅実的やごり押し気味であったりと多種多様である。

 

 【実況】食人族の住まう森でサバイバル【The Forest】

は私もお気に入りの実況動画の一つで、たまに笑いたくなる時に見ていますw

 

【代表作】

 

 

第15位 ハヤシ

元東大生実況者

(実況は現役)

くっちゃべりを称する実況スタイルが特徴。

冷静沈着に解説をしながらも、ユーモア溢れるネタを話すことが出来るなど、話の引き出しの多さやトーク力kら頭の良さが伝わって来ます。

 

【ポケモンBW2】東大生がポケモンBW2 対戦実況! part1 【フリー・レート】で人気が出て

 【Minecraft】今更ドハマりした男の『MINECRAFT』実況プレイ part1 【実況】で更に知名度を高めました。

 

初期はポケモン実況を中心にしていて、最近はマインクラフトを投稿するようになりました。

 

【代表作】

 

 

第14位 牛沢

主に実況プレイ動画を上げていて、ゆっくり実況プレイ動画の制作、投稿もしている実況者。

最近ではゆっくり実況を引退して、地声実況を上げることがメインとなっています。

 

ファンからは冷酷と言われていて、思ったことをハッキリ言うスタイルを貫いています。

 

そんな牛沢の実況で私が好きなのは、テニスの王子様の実況

この実況が最高に面白くて、見てるこっちを爆笑させてくれます((´∀`*))ヶラヶラ

 

【代表作】

 

 

第13位 キヨ

実況界のワンピース

通称「ウェーイ系実況者」

とにかく喋ります。とことん喋ります。

喋らないと死んでしまう病なんじゃないかと思うくらい喋ります。

 

しかし、キヨの実況自体は普通に面白く、人を惹きつける話術があって、

喋りこそがキヨの最大の魅力と言っても過言ではないくらいです。

 

間違いなく実況界の頂点に君臨する一人でしょう。

 

正直「ウェーイ系」の人はあんまり得意じゃなry

キヨなら許せる!!!

 

【代表作】

 

 

第12位 レトルト

「こんちゃーす!」

関西弁混じりの喋り方で、基本的にはのんびりとしたスタイルが特徴な実況者。

ゲームを心の底から愛していて、心の底から伝わってくるのがレトルトの良いところ。

(だがゲームの腕前に関してはお察しの模様)

 

しかし、その天然でかわいらしいキャラクターが受けて、キヨと並んで実況界のアイドル的存在。

 

【代表作】

 

 

第11位 セピア

丁寧で落ち着いた分かりやすいトークが魅力な実況者。

シリーズはじめの動画にOP、ラストにEDを付けて、編集技術がとても高いです。

ただし本編には実況自体を楽しんでもらいたいためあまり編集を加えていません。

 

ラジオや単発動画、舞台裏背景など、視聴者を楽しめようと心掛けているのもポイント。

 

彼の「ゼルダの伝説」シリーズは本当に良く出来ていて、ゼルダファンの私からしたら最高な実況でした♪

 

【代表作】

 

 

第10位 ふぅ

アクション、RPG、恋愛、シュミレーションなど幅広いジャンルのゲームを投稿している実況者。

 動画編集も凝っており、ゲームの知識量の多さや徹底的にやりこむスタイルから、正統派ゲーム実況者として人気を博しました。

中二病発言から視聴者を煽るような発言も痛面白い。

 

一時期はニコニコのヒーローとまで言われていた男

しかし、ふぅの運命もある事件をきっかけに歯車が狂うことになる…

 

【代表作】

 

 

第9位 リュウ

 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』において、”神縛り”と呼ばれるという苦行に挑戦した異端者。

 

 “神縛り”には色々と縛りプレイがあるが、

一番すごいのはダメージを一度でも受けたら最初からやり直すことだろう。

あと少しでクリアというところでダメージを受けて最初からやり直して

徐々に精神がやられていく姿は、見ているこちら側にもダーメジが来そうです。

 

とはいえ実況は流石の面白さで、その逸脱した縛りプレイからどんどん上手くなっていくリュウの姿は応援したくなります。

 

【代表作】

 

 

第8位 シン(sin)

「たわむれる」シリーズを投稿している実況者。

少し関西弁が入り混じった喋り方が特徴的で、初心者でも分かりやすい解説がポイント。

 

しかし、個人情報については一切明かしていない謎多き実況者であり

書きたくてもかけなくて全国のブロガーたちを泣かせていでしょう( ノД`)シクシク…

 

実況スタイルを貫き通す真が強い実況者である…シン(sin)だけに…!!

 

 【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )

 

【代表作】

 

 

第7位 ただてる

低くて渋い声質と、丁寧で聞き取りやすいトーク力が魅力的な実況者。

プレイスキルも高く視聴者を圧巻させている。

淡々とした実況をしつつも、時には少年のような熱血心を持つのもただてるの良いところ。

 

実況アイドル化が進む中、顔出しもせずひたすら面白い動画を撮り続けるという歴戦の強者。

 

だったのだが…現在は失踪していてどうなっているかは不明である。

 

【代表作】

 

 

第6位 やまもと

落ち着きがなく騒がしい、荒々しい実況スタイルが売りな実況者。

ここだけ聞くと良いところがないが、不思議と面白く感じるのがやまもとの魅力

 

初期はのりおと一緒に実況していたが、のりおとは別れて一人で撮るようになる。(後日復縁している)

 

バグポケ実況は、常軌を逸した面白さがあり、私が実況にハマったきっかけでした。

 

現在は実況活動を引退して、合唱活動に専念しています。

 

【代表作】

 

 

第5位 純白紳士(デスキャノン)

個人的にゆっくり実況者で最強の人だと思っています。

「バイオハザード4」の実況は、

一切ダメージを受けずに敵を倒すプロ級の腕前、廃人レベルのやりこみ要素など

視聴者たちはレベルが高すぎてついていけないほどである。

 

と思いきや、ネタ要素を含みながら、視聴者たちに親近感が湧くトーク力を交わえながら実況するので、未プレイの人でも楽しめるような動画作りとなっています。

 

【代表作】

 

 

 

 

第4位 レオモン

レオモンと言ったら金コイキング

金コイキングと言ったらレオモン

それくらい「金コイキング」はレオモンにとっては象徴的存在なのです。

 

「金コイキング」だけでポケモンのストーリーをクリアするという、縛りプレイ動画で最も無茶をした人物。

 

またレオモンの最大の魅力は、その圧倒的な編集力でしょう。

「毎回どれだけ時間をかけて作ってるんだろう…?」

と思うくらい、本当に凝りに凝ってます。

 

長く休止していたが、なんと仕事を辞めてまでして実況活動を再開

その心意気の高さには驚きの一言でした。

彼の動画を一度でも見たら、虜になること間違いなしです。

 

2017年5月5日(コイの日)に遂にシリーズ完結しました!

 

【代表作】

 

 

第3位 コジマ店員

(*”▽”)「プレイボオォォォーーーーールゥッ!!!」

超ハイテンションから繰り広げられる実況スタイルが売りの実況者。

 

その圧倒的なトーク力とテンションは、ホラーゲームの怖さを一ミリも感じさせない上に笑いに変えるという天性のものである。

 

サイレンの実況は、疲れが吹っ飛び腹を抱えて笑えるほど面白いので是非おすすめです。

 

【代表作】

 

 

第2位 アブ

ニコニコ動画のヒカキンと言われている実況者。

なお今ではすっかりヒカキンと同じ土俵のYouTuberと化している

 

視聴者も親近感をもてる喋り方と、的確なツッコミがアブの魅力である。

代表作の「学園ハンサム」のアニメ化はアブの実況人気があったからこそと言われてるくらいです。

(この実況はあまりにも面白すぎて2週したくらいですw)

 

【代表作】

 

 

第1位 幕末志士

ゲーム実況界のレジェント

西郷さんと坂本さんのコンビは向かうこと敵なし

 

彼らが投稿する動画はどれも面白さが飛び抜けています。

特に「スマブラ64」の動画は1000万再生を超すほどの超メガヒット動画となっており、その完成度の高さは実況動画を見るなら欠かせない一本です。

 

個人的に坂本さんの黒歴史動画があまりにも酷すぎて面白かったw

 

【代表作】

 

 

まとめ

 

今や世界的大ブームであるゲーム実況。

これからもゲーム実況というジャンルは、人気を伸ばしていき需要も増えていくでしょう。

そんな時、どの動画を見たら分からないという方は是非参考にしてください!

以上、超面白いおすすめの実況者を30人でした。

 

 

 


ここまで読んでくださった方は本当にありがとうございました。

 

 - ゲーム, ニコニコ動画・YouTube

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。